安心して暮らせるまちづくりをめざす、くるめ医療生協です。

地域まるごと健康づくりの取り組み その2

認知症の早期発見や遅延化の学習を進めていく中で食事と運動の重要性が理解されてきました。地域まるごと健康づくりのさらなる発展として、座学を行うだけでなく、食事と運動の実践に取り組む事を考えました。

脳WakWak料理コンテスト

健康づくり委員会では、食事についての取り組みは、多くの組合員が楽しく参加でき、しかも1回限りの企画でなく後々の医療生協の活動につながるもの、と欲張って考え材料や予算、チーム構成などを指定した料理コンテストを行う事としました。

指定した条件は以下の通りです。

  • 1チーム5人で1名は男性を入れること
  • テーマは「認知症と骨粗鬆症予防のための青魚と野菜の料理」とし、条件に合わせてチームでレシピを考え調理を行う
  • 青魚はあじ・いわし・さんま・さばの中から何種類でもOK、野菜は1人分120g以上、果物の使用は自由で主菜・副菜・汁物を作る
  • 10人分で3,000円以内の材料費、材料はすべてチームで用意し、会計報告を当日提出
  • 第2回料理コンテストの動画です。

    脳WakWakステップ教室

    くるめ医療生協では、これまでも1人1人の体力にあわせ天候に左右されず少しづつでも出来る有酸素運動としてステップ運動に取り組んできました。ステップ運動は体力年齢10歳若返り‼骨粗しょう症予防や認知症予防のデュアルタスクエクササイズとしても注目されています。今回健康づくり委員会では個人の運動の必要性と習慣化、班やエリアでのステップ運動の活用を目的に3回シリーズで脳WakWakステップ教室を開催しました。
    教室の様子をご覧下さい。

    2回目の教室の様子です

    デュアルタスクエクササイズ

    ステップ運動やウォーキングは日常的に取り組んでおり、それでも十分でしたが更に効果が期待される運動としてデュアルタスクエクササイズの存在を知りました。これは簡単に言えば、有酸素運動を行いながら脳も使う運動で、例えばウォーキングをしながら100から7ずつ引いていくシリアルセブンをするとか、ステップ運動しながら皆でしりとりをするとかなどがあります。今回は、くるめ医療生協の健康まつりの中で紹介を行いました。第20回健康まつり動画をご参照下さい。

    今後の取り組み

    現在検討している健康づくりの取り組みは、現役世代を対象とした健康づくりサークルのような取り組みです。

    住所・連絡先

    福岡県久留米市南2-5-12
    TEL:0942-21-8300
    FAX:0942-22-3239

    ↑ PAGE TOP